新しいトヨタプリウス - あなたは考えるかもしれないよりグリーン

Published on July 7, 2011 at 9:57 PM

トヨタの新しいハイブリッド車は、"プリウスá"(プリウスアルファ)は、製自動車内装部品の採用デュポン™ 、環境フットプリントを削減しながら、先進的なインテリアのデザインに貢献し、ソロナ® EPポリマー、高性能、再生可能な資源熱可塑性樹脂を。

トヨタは2011年5月に日本では"プリウスA"を開始しました。

デュポン™ソロナ® EPの再生可能な資源ポリマー製の内部コンポーネントを持つ新しいトヨタプリウスアルファハイブリッド車デビュー。

デュポン本株式濾紙、トヨタ自動車(株)、小島プレス工業株式会社と豊和プラスチックス(株)との緊密なコラボレーションで開発された、部品はインストルメントパネルの空調システムのコンセントで使用されています。

ソロナ® EPの口から吹き出す空気の強さと方向を制御するために必要な耐熱性と耐久性については、この緻密に設計された、機能的なコンポーネントのために選ばれました。
デュポン™ソロナ® EPのポリマーは20%、37%植物中の糖質から得られる再生可能な資源材料(重量比)の間に含まれています。石油ベースの、高パフォーマンスのPBT(ポリブチレンテレフタレート)のような新しい材料の展示の性能と成形特性。

ソロナ® EP熱可塑性ポリマーの製造は、二酸化炭素の排出量と一般的に、従来の自動車の内装部品に使用されるPBTを生成するために使用される石油化学製品の使用の両方を削減します。ソロナ® EPはまた、製造工程の合理化を支援するために、PBTに比べて、低反りと改善された表面の外観を提供しています。

Last Update: 14. November 2011 00:56

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit